津田江のおかっぱりバス釣りポイント

津田江エリアは、烏丸半島の付け根から志那エリアまでの、約1.4kmの石積み護岸エリアです。

湖流が弱いシャローエリアで、水は濁り気味のポイントです。

津田江の北側のエリアには、下物内湖と繋がる大きい水門が2つあります。バスの通り道で、水門周りの角地が人気のスポットになっています。

石積み護岸は、石積みが水中まで続くリップラップになっている。護岸のカーブ部分や角などの小さい変化を見逃さない事が大事です。

湖岸緑地の「津田江1の南北」と、「津田江3」に無料駐車場があります。

このページでは、津田江エリアの地形や特徴、おかっぱりポイントの様子、周辺情報をご紹介します。

津田江エリアの地形や特徴

津田江エリアは湖流が弱いエリアで、水が濁り気味のポイントです。特に北エリアは烏丸半島が壁になり、北風や流れの影響が少ないエリアになっています。

津田江エリアで有力なポイントは、下物内湖につながる2つの水門周り。水深が深めになっていて、流れもあります。

水門周りは下物内湖に入るバスの通り道になっているので、バスの回遊を待つ釣りになります。コイ釣りの釣り人も多い、実績が高いポイントです。

水門周り以外は、小さい変化を除けば、ひたすら石積み護岸が続いています。

水の流れが欲しい時は、津田江1の北と南の間のカーブしているエリアが狙い目です。

津田江エリアのおかっぱりバス釣りポイント

津田江エリアは、湖岸緑地ごとに北から「津田江3」「津田江2」「津田江1」に分かれています。津田江1は広く、駐車場も北と南に分かれています。

そこで、「津田江3」「津田江2」「津田江1(北)」「津田江1(南)」の4つに分けて、ポイントの様子を解説していきます。

湖岸緑地・津田江3

湖岸緑地・津田江3」のエリアは、烏丸半島の付け根のエリアになります。

このエリアで、特に早春からスポーニングの季節に狙いたいのが、烏丸半島の南西部のアシ林です。

津田江エリアから見た烏丸半島の南のアシ

このエリアは烏丸半島によって、北風や湖流の流れからガードされるエリアです。

水温が上昇しやすく、早い時期からバスのスポーニングが行われます。下物内湖の水門とも近く、バスが通りやすいエリアでもある好ポイントです。

ただ、アシ林があまり広くないので、プレッシャーは高いです。

津田江3のエリアの岸辺は、石積み護岸です。

湖岸緑地津田江3の、石積み護岸

足場が良くて沖に遠投もしやすいですが、水中に続く石積みのリップラップも、釣果の実績があります。

そして多くの季節で人気があるのが、水門周りのポイントです。

津田江3の南にある、大きい水門

水門周りは少し深くなっていて、水の流れもある。烏丸半島のアシ林とも近く、バス以外にも多くの魚が通過するポイントです。

周辺のポイントの中でも、特に人気があります。

湖岸緑地・津田江2

湖岸緑地・津田江2」は、2つの大きな水門に挟まれた、小島のようなポイントです。

魚が集まりやすく、春から初夏までの期間の実績が高い。

津田江2では、下物の北水門と南水門の両方を狙うことができます。

下の写真は、北水門です。

津田江2の北にある水門

そして、南水門

津田江2の南にある水門

どちらも水門周りは柵があり、足場も高い。ネットを準備しておきましょう。

また、津田江2の岸辺も石積み護岸です。しかし、植物が多く生えていて、岸辺に立てる場所が少なめです。

津田江2の岸辺に生えている木

水門周りの護岸も植物が多く、ロッドを振りにくい場所が多い点が、残念なポイントです。

津田江2の、水門前の南岸

湖岸緑地・津田江1(北)

「湖岸緑地・津田江1の北エリア」で狙いたいポイントは、下物の南水門です。

津田江1北の北側にあう水門

北水門と同じく、南水門からも多くの魚が、琵琶湖と下物内湖を出入りする通り道になります。

特に水門前の角地は好スポットです。

津田江1北の、水門前の角地

また、北エリアの駐車場と水門の間に、水門と約50mの水路のポイントがあります。

津田江1北にある、50mの水路

水門の裏には津田江排水機場があるので、そこと繋がているかと思われます。

水位が高い時は、バスが入っている可能性が高いポイント。小型だけでなく大型がいる時もありますが、プレッシャーがかかっています。

離れた位置から、静かにキャストしましょう。

水路より南は、ひたすら石積み護岸の岸辺が続きます。

津田江1北の石積み護岸

少しでも水の流れが欲しい時は、カーブしているエリアを狙いたい。

湖岸緑地・津田江1(南)

広い駐車場とトイレがあるが、あまり狙い所となるポイントが無いのが、「津田江1の南エリア」です。

駐車場の南にへこんだポイントがあり、初夏には大量のウィードが生えます。そのカバーの下に、バスが付いています。

南にあるシャローエリア

津田江エリアへのアクセスと周辺情報

津田江の場所

【住所:滋賀県草津市下寺町】

湖岸緑地の「津田江」は、烏丸半島の付け根から志那エリアまで、約1.4km続くエリアです。

湖岸緑地・津田江の隣を、湖岸道路の県道559号線が通っています。

津田江エリアを通る県道559号線

湖岸緑地に駐車場とトイレがある

津田江の北エリアや、烏丸半島・下物内湖でも釣りをするなら、「湖岸緑地・津田江3」の無料駐車場が近いです。

湖岸緑地津田江3の入り口

湖岸緑地 津田江3の駐車場

しかし津田江3の駐車場は約20台と少なめ。

下物内湖の南に、「湖岸緑地・津田江1(北)」に駐車場があります。

 

津田江1の、琵琶湖側の駐車場

更に、道路を挟んだ反対側にも、細長い駐車場があります。

津田江1の東側の駐車場

また、南に離れた「湖岸緑地・津田江1」の南エリアにも、駐車場があります。

津田江1南の駐車場

この南エリアには、簡易トイレが設置されています。

津田江1南にある簡易トイレ

残念ながら、北の津田江1(北)から津田江3のエリアには、トイレがありません。

カテゴリー/タグ

南湖・東岸