琵琶湖のロックエリアのバス釣りポイントまとめ

琵琶湖のおかっぱりポイントの中で、大きな岩石・岩盤で形成されているロックエリアのポイントを、各エリアごとに一覧形式でまとめました。

琵琶湖の「ロックエリア」と呼べるポイントは、

  1. 「湖北の奥琵琶湖」
  2. 「湖東の長命寺~伊崎エリア」

の2つです。

湖北の奥琵琶湖はロックエリアと急深のブレイクが隣接する地形であり、水深10m以上の深場まで岩が点在してます。特に岬ポイントは水通しが良く、バスやベイトフィッシュの回遊が多い。

湖東の長命寺ロックエリアも大きい岩が多い地形ですが、水深は深くて5mぐらいまで。小田ヶ浜や堀切湾のワンドエリアでは、スポーニングの時期に多くのビッグバスが集まるエリアです。

どちらのエリアも大岩が多く、足場が悪くて危険なポイントです。また、湖北のポイントは深場へのブレイクが岸に近いポイントもあります。安全に注意して、釣りを楽しみましょう。



湖北のロックエリアのバス釣りポイント

「湖北のロックエリア」がある場所は、北端の”奥琵琶湖エリア”の中で、特に岬状の地形をした場所が多いです。

また、湖北のロックエリアは急深の地形のエリアであり、おかっぱりやウェーディングで水深10m前後のディープエリアを狙えることが特徴。

水通しが良い場所が多く、バスの回遊とうまく遭遇できれば、かなりの釣果を狙えます。

湖北の東岸で、岸辺の地形が岩場に変わり始める場所が「片山エリア」です。片山の南側は石畳・石積み護岸で整備された岸辺になっていて、水中にも石や岩が点在しています。北側エリアの岬状の地形の場所には大岩が多く落ちている場所があり、水中のブレイクにも岩が落ちています。

西野放水路の正面にはサンドバーが伸びていますが、その南北は石や岩が多いロックエリア。地面にはコブシほどの大きさの石が大量にあり、北側に進むほど大きい岩が目立つようになる。ブレイク・岩・ウィードが絡んだ場所は、大型のバスを狙えるスポットです。琵琶湖の中でも特に秘境的なエリアなので、安全には注意をはらいましょう。

藤ヶ崎は、水通しが抜群な岬地形のポイントです。岬先端の水中には岩の張り出しがあり、大岩がゴロゴロと落ちている。更に、水深10m以上の深場へ落ちる急なブレイクがある地形です。ベイトフィッシュやバスの回遊も多く、1年中バスを狙えるポイントです。

黒土崎は、大浦湾の入り口にある岬のポイント。水中に落ちている岩も多く、特に岩とウィードが絡む場所が狙い目です。水通しも良く、ブレイクラインを魚が回遊している。東の菅浦方面は砂利浜に変わり、北は深場と隣接するワンドであり、周りのポイントもオススメ。

陸地は直線的だが、水中は地形の張り出しの変化が多彩なのが、二本松の特徴。地図で見て山の張り出しがある場所の沖に、水中の岩や水中岬が多くある。水中の岩、張り出し、ウィード、湧き水など、バスが集まる好要素が豊富。岸からのキャストでも狙える「二本松漁礁」があるのも、このポイントです。

海津大崎は、琵琶湖を代表するロックエリア。砂利浜と大岩が混在していて、水中岬などの地形変化が多彩で、ウィードも豊富。ビッグバスの釣果の実績が十分ある、超有名ポイントです。岸から水深10mラインにも届く、湖北らしい急深のロックエリアです。




湖東のロックエリアのバス釣りポイント

湖東のロックエリアは、北湖の南側に位置する近江八幡市にあります。南の長命寺から北の堀切湾や伊崎寺にかけて、琵琶湖に山が張り出したような地形をしている。

このエリア内には岩や岩盤による水中岬が多く、そこが特にビッグバスが釣れるポイントになっている。

ただ、湖北のロックエリアのように急深の地形ではなく、ポイントの水深は深くて3m~5mほどです。

湖東ロックエリアの南端に位置するポイントが、長命寺エリアです。ボトムは石が大量にあるハードボトムで、人より大きい岩も落ちています。水通しが良くて、ベイトフィッシュも多い。水中の岩陰は、ビッグバスも潜む好スポット。夏場には大型のトップウォーターがおもしろいポイントです。

水ヶ浜エリアには、岩や岩盤の大きな岬である「猿ヶ崎」や「鯉崎」が有名なエリアです。岬に大岩やウィードが絡むポイントであり、ビッグバスの実績が高い。ボトムの起伏が激しいので、当然根掛かりも多い場所。水質はキレイであり、ビッグベイトで大型を狙うのもおもしろい。

水泳場でもある砂浜が宮ヶ浜のメインですが、砂浜の両端は岩場のエリア。西には山の大きな張り出しがあり、岸辺沿いをウェーダーや長靴で進んで行ける。東にある桟橋周辺から、再びロックエリアに戻っている。水深が浅めで、ウィードも多い。

小田ヶ浜には大きい水中岬があり、そこが湖東ロックエリアの中でも随一のビッグフィッシュを狙えるポイントです。岩の水中岬が沖の方へ約50m伸びている。ウェーディングの準備をしておくと、移動範囲が広くなって釣りをやりやすくなります。広い駐車場も隣接して、立ち寄りやすいポイントです。

湖東ロック内の大きなワンドが、堀切湾です。岸から水深3m~4mのブレイクラインが狙える。春のスポーニングシーズンが特にオススメの季節で、ビッグバスの実績も高い。取水塔や水路の流れ込み周辺は特に狙い目です。湾奥には堀切新港があるが、港への立ち入りや駐車は禁止されています。

湖東ロックエリアの北端にあるのが、伊崎エリアのポイントです。伊崎山の東の栗見新田から岸沿いを歩いて来ることが可能。東の栗見新田は遠浅の砂浜だが、伊崎山の下から急に石や岩が多いロックエリアに変わります。北の先端に近づくほど、ブレイクラインも近くなる。波が高い時は危険で進めません。

湖東の岩盤エリアのバス釣りポイント

基本的に琵琶湖のロックエリアと言えば、上で紹介した「北湖の奥琵琶湖」と「湖東の長命寺~伊崎エリア」の2つです。

しかしもう一つ、彦根市の「烏帽子岩」の周辺は大きな岩盤地形のポイントなので、ロックエリアとして紹介します。

彦根港や彦根ビューホテルの北に「烏帽子岩」と呼ばれる名所があり、その周囲は大きな岩盤で形成された地形のポイントです。岸辺は砂利浜ですが、沖まで岩盤の隆起が続くハードボトムであり、隠れロックエリアです。